子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因

子供が欲しいのに子どもを授かれない理由や原因について記しています。

子どもを授かれない理由や原因に関すること

子供が欲しいならアルコールは飲まない方がいい?

投稿日:

子供が欲しいならアルコールは飲まない方がいいのかというと、できれば飲まない方がいいでしょう。

妊娠したことがわかってからアルコールを止める女性も多いですが、理想をいえば子供がほしいと本気で思った段階で飲まないようにした方がいいです。

アルコールを摂取していると、卵胞形成が阻害されて、排卵障害が起こってしまうことがあります。

また、受精卵の着床障害が起こることもあるため、妊娠しづらくなります。

一説によると、一日2杯お酒を飲んでいると、不妊の割合が60%増えるそうです。

アルコール耐性は人によっても違いますから一概にはいえませんが、アルコールを代謝するために栄養素が使われてしまうことには変わりありません。

妊娠しやすい体作りのためにも、アルコールは控えるようにしましょう。



妊娠したい時はお酒を止めないといけないの?


お酒を飲むことで妊娠できる確率が低下するとされていますから、妊娠したい時はお酒を止めた方がいいです。

お酒が飲みたくなっても、ノンアルコールのビールやカクテルなどで、我慢するようにしてください。

どうしても飲みたい時は、妊娠までの期間を短くするという調査結果が出ているワインを飲むといいかもしれません。

ただ、ワインを飲んだとしてもアルコールの分解で体に負担がかかるので、控えめにしましょう。

もっと妊娠しやすい体作りを目指すのなら、温かいノンカフェインのお茶や常温のミネラルウォーターなどを飲むのがオススメです。

添加物が含まれているものは体に負担をかけますし、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、控えるようにしてください。

お酒を止めると、肥満が解消されやすくなりますし、食生活も改善しやすくなるはずです。

妊娠、出産して、卒乳するまでの我慢ですから、アルコールを止めて、体にいいものだけを口にするようにしましょう。



妊娠中にお酒を飲んだら赤ちゃんに影響が出る?


妊活中はもちろんですが、妊娠がわかったら、絶対にアルコールを含んだ飲み物を飲まないようにしてください。

妊娠中にアルコールを摂取すると、胎児性アルコール症候群が起きる恐れがあり、現在の医学では治療できないといわれています。

具体的にどんな症状が起きるのかというと、

・低体重、低身長
・発達障害、行動障害
・小頭症や容姿の異常


などです。

いずれも子供の将来を大きく左右してしまうことになるでしょう。

日本での胎児性アルコール症候群の発生率は0.01%以下ですが、人数に置き換えると一年間で約100人です。

100人ほどの子供がママが妊娠中にお酒を控えなかったせいで、ハンデを背負って生まれてきたことになります。

妊娠に気づかないほどの超初期であっても、アルコール耐性の低い日本人の場合、胎児に悪影響が出ないとは言い切れません。

妊娠する確率を少しでもあげるためにも、妊活を始めたらお酒を止めるようにしましょう。

-子どもを授かれない理由や原因に関すること

Copyright© 子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因 , 2017 All Rights Reserved.