子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因

子供が欲しいのに子どもを授かれない理由や原因について記しています。

子どもを授かれない理由や原因に関すること

漢方を飲めば妊娠できる?

投稿日:

漢方を飲めば妊娠できるのかというと、妊娠できた人も多いです。

もちろん、漢方薬を飲むだけで全ての人が妊娠できるわけではありません。

ですが、子供が欲しいと思っているのなら、東洋医学である漢方を取り入れて体質改善し、妊娠しやすい体作りをするのも一つの方法です。

中には、不妊治療の一環として漢方薬を処方するクリニックもあり、健康保険が適用できることもあります。

漢方薬は続けないとなかなか効果が実感できませんから、自己負担額が少なくて済むのは助かりますね。



不妊症に処方される漢方って?


不妊症に処方される漢方で有名なのは、山茱萸(さんしゅゆ)と熟地黄(じゅくじおう)です。

どちらも生理不順を改善する効果が期待できる処方なのですが、体質によって合う合わないがあるため、漢方薬局などで相談するようにしてください。

医師に処方された場合でも、体質に合わない時には他の漢方に変えてもらった方がいいでしょう。

体質に合わない漢方を飲み続けても効果がないばかりか、かえって体に良くないこともあります。



漢方は男性不妊にも効果がある?


漢方は男性不妊にも効果があるでしょう。

例えば、

・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
・瓊玉膏(けいぎょくこう
・参馬補腎丸(じんばほじんがん)
・至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)


など、妊娠を妨げてしまう症状を改善する効果が期待できる漢方もたくさんあります。

ただ、何が原因で妊娠が妨げられているのか、どんな体質なのかによっても、効果がある漢方が違ってきますから、女性の場合と同じように専門家に処方してもらう必要があります。

ストレスから男性不妊に陥っているケースも少なくないため、男性の妊活として漢方を利用し、体質改善を心がける男性も増えています。

相談するのにちょっと抵抗があるかもしれませんが、思い切って漢方を利用してみると良い結果が得られるかもしれません。

-子どもを授かれない理由や原因に関すること

Copyright© 子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因 , 2017 All Rights Reserved.