子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因

子供が欲しいのに子どもを授かれない理由や原因について記しています。

子どもを授かれない理由や原因に関すること

子供が欲しいなら禁煙した方がいい?

投稿日:

子供が欲しいなら禁煙した方がいいのかというと、絶対に禁煙した方がいいです。

タバコにはたくさんの有害な物質が含まれており、不妊症の原因になるといわれています。

でも、喫煙していても妊娠できる女性はいるんだし、止めなくても減らせばいいんじゃないのと思うかもしれません。

確かに、喫煙していても妊娠し、出産した女性はいますし、子供にも表立っては健康上の被害がないこともあるでしょう。

ただし、身長が伸びなかったり、学力が低くなってしまったり、多動性障害(ADHD)の原因になるという説もあるので、将来的に後悔する可能性があります。

また、流産率、早産率も上がりますから、せっかく授かった赤ちゃんを失ってしまう結果にもなりかねません。



どうしてもタバコが止められない時はどうしたらいい?


どうしてもタバコが止められない時は、禁煙をサポートしてくれるグッズを利用したり、禁煙外来で医師による指導を受けるといいでしょう。

また、禁煙するという意志を硬いものにするために、喫煙が赤ちゃんに与える悪影響を壁に貼るというのもいいかもしれません。

タバコは子宮着床障害や卵管障害を引き起こす確率を高めますから、妊娠できる確率を低下させます。

もし、妊娠できたとしても流産率が上がり、さらには産まれてからも合併症や感染症にかかりやすく、赤ちゃんに重大な健康被害が発生する恐れもあるのです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になるともいわれているので、ようやく授かった赤ちゃんを突然死によって失うという最悪の結果も起こり得ます。

赤ちゃんを健康に産んであげるためにも、妊活するならタバコは絶対にやめるべきです。



男性もタバコを止めないといけない?


妊活中、妊娠中は女性だけでなく、男性もタバコを止めた方がいいです。

喫煙していると、精子の数が減少し、運動能力も低下するといわれていますから、妊娠できる確率が下がります。

それに、女性の側でタバコを吸ったりしたら、タバコを直接吸うよりも危険な副流煙を吸わせることになります。

主流煙の2~50倍もの有害物質を含む副流煙を女性に吸わせることで、妊娠を阻害してしまったり、赤ちゃんの健康を害してしまうかもしれません。

近年では、女性だけでなく男性も妊活する夫婦が増えてきていますから、女性任せにせずに禁煙するようにしてください。

パスワード:501DKQR41

-子どもを授かれない理由や原因に関すること

Copyright© 子供が欲しい|子どもを授かれない理由や原因 , 2017 All Rights Reserved.